のんびりゆるゆる〜ひとり生活

お金のこと、趣味のこと、生き方のことをツラツラと綴る予定。 おひとりさまライフ

自分が持ってる株を分析してみた

週末に発熱してしまい、今も微熱が続いているんですがコロナではなかったので、ちょっと気持ちが落ち着いたので読書をしました。寝てるのももったいないので。

プライム会員が無料で読める(Prime Reading)ビジネス書をいくつかダウンロードして、今日は「マンガでわかるバフェットと投資術」を読みました。
ツイッターで誰かがオススメしてたなぁと思って。

マンガもありますが、文章も多いのでマンガを期待して読むとがっかりします(^^;
でも堅苦しい経済の本や株の本よりかは読みやすかったのでオススメです。

個別株ですが、割安の株がいいとか、成長が見込めるとか、財務の健全性だとか、いろいろあるじゃないですか。買う基準が。
ちなみに私の基準は褒められたものではなくて「自社の株主優待」を出している会社だったりします。あと単純に気になるテーマだったり、会社。
優待については金券配るくらいなら配当増やしたほうがよくない?って思うのと、金券使うのも大変なので。モノが増える=管理する必要がある=自分のリソースが減るなので。私は精神的に余裕がないときがけっこう多いのでね(^^;)

ただ、何となく気になるで買ったあと、これって本当に買っていい株だったのかなぁとかいつまで持っていればいいんだろうなぁとかそういうのがわからなくて、うーん??ってなってたんです。

この本には選ぶ株の目安が書いてあって、例えばPERが15倍以下、PBRが1.5倍以下などなど。この本に書いてあることにしたがって個別株をざっと見直したら、なるほどこういう感じなのかっていうのと、銘柄によっては含み損はそんなに気にならなくなりました。

実はVYMを売却した後、やっぱり現金をたくさん持っているのが落ち着かなくて、SBIのテーマ株でバーンって買ったんですよ。防衛関係の株が欲しかったんですが、ぶっちゃけわからないし、選んでみたら結構知ってる会社もあってこのラインナップなら悪くないだろうと。

↑こんなかんじで購入金額を選ぶと勝手にセレクトしてくれます。(私にはこのくらいの金額感がちょうどいいです)1株から無料で買えるのはいいですね〜。

あとは気になってた任天堂JALを書いました。てへ。

今日はバフェット本に書いてあることを見ながら1銘柄ずつ確認しまして。まぁそんなに悪くないじゃんと、ホッとしました。持っているうちの2銘柄は手放したいっていうのが出てきましたが。

株価は上がったり下がったりはしますが、下がっても配当を定期的に頂けるのはすごい助かるなぁとここ3年くらいで実感しています。単元株が楽天証券の方で持っているのですが、気づいたらお金が増えてて、置いといても仕方ないし投資信託でも買うかーと毎月数百円ずつ特定口座で投信を買っています。

例えば私はミズノの株を持っているんですが、比較的安定しています。
ちなみにこの株を買ったきっかけっていうのは、当時ハマっていたアニメがあって、そのアニメとミズノがコラボしてたんですが、そのときのミズノの対応がまじ神対応で、すごい感動したので買ったというしょーもない理由ですw あ、あとフツーにミズノの商品めっちゃクォリティいいです。それだけ。

買ったのは2,546円で買ったんですが、それを下回ることも多く、ううううーんって思うことも結構ありました。ただプラスになることもあるし、今もプラスだし、大きく値崩れすることもないし、気づいたらお金増えてるし、いっかぁって感じでしたw

ただ、売るタイミングっていうのはイマイチ掴めず。本当に持ったままでいいのかもわからずなので、本に書いてあること全部じゃないけど、ざっくり分析してみたらしばらく持っておこうと思いました(^^)

下記はミズノのこの前の決算短信からですが、流動資産がすごく多い!負債の2倍以上あるのですごいです!

さらに固定負債は14,470だったんです。これはすごいって思いました。具体的にどうすごいのか言えよって感じですが、けっこう自転車操業な会社って多いと思うんですよ。月末の入金を待たないと支払いができないとか。でもこれ見る限りではそんなことは全然ないし、むしろ固定負債だって今すぐ一括返済するくらいの余裕があるような気さえします。資金繰りが立ち行かなくなって倒産ってことはないって私は思えたんで、改めてちょっと安心しました。(一応送られてくる決算短信は目を通しているんですけどね)

あと落ち込んでるときもあるけど、ちゃんと利益出してるんですよね。

PERとPBR。よく聞くけどよくわかってなかったやつも、本に書いてあった基準を余裕でクリア。配当もいつも出してくれます。

ROEROAもよくわからないですが、目安はROE10%、ROA6%なのでROEはちょっと残念ですが、トータルではまずまずではないでしょうか。

ちなみにROEROAについては下記をご参照ください。仕事柄よく聞くし、公式も勉強させられたけど、体感が伴わない。あと言葉が難しすぎて覚えられない。

ROE(自己資本利益率)とは?ROAとの違いと目安・計算式を解説 | クラウド会計ソフト マネーフォワード

とまぁこんな感じで本日の午後を過ごしましたが、持ってる銘柄分を確認するのはなかなか大変ですね。でも好きな人は本当に好きなんでしょうね。なんかちょっとわかるなぁ。

ま、テーマ株で出てきた株を1銘柄ずつ見ていって、いいなと思ったのを1〜10株ずつ買って見て、数字の増減を眺めるのがいいなぁって思いました。(やっぱね、100株は庶民にはきつい)